FXとは何か?初心者にこそ知ってもらいたいトレードの本質

FXで稼ぎたい!専業FXトレーダーになる!と意気込んで、勉強しようと思っても調べてみても、中々知りたい情報にはたどり着けないと思います。何故なら、稼いでいるトレーダーは稼げていないトレーダーに比べて圧倒的に少なく、また、手法やルール・考え方を公開することは稀だからです。

最近では、youtube等の動画で実際のチャートを見ながら相場解説を見ることができるようになりましたが、その多くが本質的な部分が抜けていて何故そうなるのかという部分のピントがずれているものが多いです。

このサイトでは、FXの基本的な考え方を順を追って体系的に学べます。
相場の本質をしっかりと理解し、実際のトレードに生かしてもらえればと思います。

FXとは何か?

FXとはForeign Exchange」の略称です。本来は「外国為替取引」の意味でしたが、現在では「外国為替証拠金取引」を指し示すものとして一般的な言葉になりました。国内FX口座では預入れ証拠金の25倍まで、海外FX口座では1000倍ものレバレッジを効かせた取引が可能な金融取引商品です。

1000倍のレバレッジと聞くと非常に危険なイメージを持つかと思いますが、実際はそうではありません。

例えばレバレッジ25倍の国内FX口座の場合は最大で2500万円の取引ができ、1000万円の取引を行うには40万円が必要です。
一方でレバレッジ1000倍の海外FX口座の場合は最大で10億円の取引ができ、1000万円の取引を行うのに必要な証拠金は1万円で済ませることができてしまいます。

国内FX口座には国内FX口座の、海外FX口座には海外FX口座のメリット・デメリットがそれぞれありますので、後ほど解説していきます。

FXの特徴

外国為替取引には、取引を行う場所または建物を特定するいわゆる「取引所」が存在しません。よくインターバンクのレートが~~などと言ったりしますが、特定の取引所を指すものではないのです。「買いたい人」と「売りたい人」が存在して初めて取引が成立する相対取引(あいたいとりひき)です。たとえ同時刻、同通貨ペアの取引であっても、その成立価格は個々の取引によって違ってくるため、 FX業者によって取引レートが異なることがあります。
また、電話やインターネットで繋がった全世界がひとつのマーケットを形成しているため、どこかの国または地域で取引が行われており、いつでも取引に参加することが可能です。そのため、外国為替は土曜日、日曜日と1月1日以外の日は基本的に常に取引が継続されており、FXも24時間取引ができます。
※FX業者のメンテナンス時間は取引ができません。

タイトルとURLをコピーしました